抱き猫の門出嫌いで文句百垂れ

抱き猫の門出嫌いで文句百垂れ 抱かれるのを嫌う猫も多い、昔の厨房は土間が多く、下駄履きが一般的で、何故か土間が凸凹で在った。下駄を履かぬ家猫は大変で有った。極寒の冬には、御三度で動き回る、若女将の足の甲に迄載りたがる。冬場だけ仕方無しに抱か…

涅槃の火猫

涅槃の火猫 中国が倒れると、韓国も危うい。宿主が倒れると、ウイルスも危うい。ヒトを絶滅させると、ウイルスも絶滅に向う。餌のミトコンドリアを体内に取り込み、共生の道を歩み、共進化を遂げた前例が有る。ウイルスも宿主の進化を促進させた前例も有る。…

猫の尻舐め

猫の尻舐め 猫の行動は不可解で有るが、鼠の捕獲を考えると納得出来る。矢鱈自分の身体を舐めるのも、自分の匂いを消す為で有る。猫が猫糞をするのも其の為で有る。ヒトに身体を擦り寄るのも其の為で有る。犬が後足で砂を蹴るのも其の為で有る。 昔、蚊帳の…

生命は奇跡か偶然か必然か

生命は奇跡か偶然か必然か 車椅子の宇宙論学者のホークング博士が亡くなられて久しい。死後、ブラックホールの研究で何人もの学者がノーベル物理学賞を受賞して居る。宇宙論は大宇宙開闢や終焉を数式を使って研究する奇妙な学問。最近では大宇宙の開闢の一秒…

小泉進次郎環境大臣の猿芝居

小泉進次郎環境大臣の猿芝居 武漢新型冠状病毒肺炎(COVIDー19)のベータ―株が終息の兆しが見えた。年末年始に第六が来る事は想像出来る。変異株は偶然のみが支配する。通常は感染力が低く、在来株との差が無い、在来種を駆逐するには、更なる増殖力…

炭素税の憂鬱

炭素税の憂鬱 普通、生命が生きて行く為に、必須の事には課税し無いのが通例。つまり、呼吸や排便や放屁はゲップに課税される事は無い。老人や病人や子供に課税されたら大変で有る。されど、食肉業界は大量の炭酸瓦斯を排出して居る。家畜が放つゲップや屁に…

問題有りしを放置するは、問題有り

問題有りしを放置するは、問題有り レジ袋の有料化には問題有り。 ・レジ袋は半透明が多く、塵袋に再利用が可能。レジ袋を無くすと、塵を外す為に、新の塵袋を購入して、塵を新の塵袋に入れて外す事に成る。資源の無駄使いで有る。 ・レジ袋はプラスチック塵…

偶然が招く、必然

偶然が招く、必然 車椅子の宇宙論学者のホーキング博士が亡くなって久しい。宇宙論は大宇宙の開闢や終焉を数式を使って研究する奇妙な学問。宇宙創生の3分間が詳しく研究されて居る。大宇宙を天体望遠鏡で観測すると、遠くの銀河程早く遠ざかって居居る事が…

狂妄を演じて、生肝を盗る

狂妄を演じて、生肝を盗る 多くの主婦はレジ袋の有料化に憤慨したが、今や文句を言う人も居無い。人類家畜化の愚民政策が静かに進んで居る。小泉進次郎環境大臣はバイリンガルで有る。国際環境会議でEnglish英語でスピーチを行って居る。幼児期の外国…

彼の世の夢は死に損ないの狂妄、講談師の如くに観て来た様に嘘を吐いて蔵を建てた俳優が居た

彼の世の夢は死に損ないの狂妄、講談師の如くに観て来た様に嘘を吐いて蔵を建てた俳優が居た。 今の此の世界に、自国の嘘の歴史を学校で教える国が在るのが驚愕で有る。最近でも『漢江の奇跡』が教科書から消された。史実を講義して投獄冴えた大学の教授も実…

竃の眠り猫、火猫に成りて説法を説く

竃の眠り猫、火猫に成りて説法を説く 灰猫とは竃を寝床にして、灰塗れの猫の事、灰猫も命に係わる災難に遇うと、文句百垂れ垂れる。美味しい餌を食べて居る時に、背中を撫でる時に垂れる文句に似て居る。犬が棒の恐怖を遺伝子にかきこむのに、何千年も掛った…

食べてから初めて気が点く毒茸

食べてから初めて気が点く毒茸 列国ソビエト連邦が瓦解した時点で、共産主義や社会主義の弊害が世界中に知れ渡った筈なののい、中国と北朝鮮がその弊害に苦しんで居る。北朝鮮は今や疲弊国、食料難が続いて居る、戦時の為の非常用の穀物迄手を付けて居る状態…

同じ仲間を忘れた、犬の喧嘩

同じ仲間を忘れた、犬の喧嘩 街に散歩に出た犬は頻りに飼い主の顔色を窺って居る、通行人は殆ど無視で有る。偶に犬を連れた人と出会うと、犬同士の大喧嘩と成る。今にも共食いしそうな気配に成る。 多くの人は飢餓と空腹の区別が付か無い。認知症は味噌と糞…

咬み猫の水嫌い

咬み猫の水嫌い 狂犬病に感染すると、水を恐れる、恐水症の別名も有る。猫も人を咬んで離さ無い時が有る。水道の蛇口を捻ると放す。水が嫌いなので有る。 認知症は日本語として可笑しい、症の前には病状や症状が来無いといけない。認知は病状や症状では無い…

壱百年の廣施をし、壱千年の怨みを買う

壱百年の廣施をし、壱千年の怨みを買う 韓国は可笑しな国で有る。反日の為に漢字を廃止したので有るから、漢字の復活で反日を已めた事に成る。日韓通貨スワップ協定の再開も有り得る話。日本人の多くは韓国の学校では漢字は教えて居ないものと思い込んで居る…

赤道を跨いで替る逆渦ショーの金儲け

c 赤道を跨いで替る逆渦ショーの金儲け 赤道が国名の可笑しな国が在る。エクアドルで有る。観光客目当てのエクアドルならでの赤道を跨いで、水槽の排出の渦が逆転するとか。問題は観光客相手にして居る事で有る。地元の人は知って居るので有る。水を戻す時の…

夫婦布団で猫と寝る、人猫の同宋異夢にも天理有り

c 夫婦布団で猫と寝る、人猫の同宋異夢にも天理有り ヒトと猫、同じ寝床で寝て居ても、見る夢は余りにも違う。 人待ち顔の猫、座布団は未だか、湯たんぽは未だか? 抱き猫の門出嫌い。飼い主を信用して居無い事が丸判り。 猛暑の夏の熱帯夜の晩、猫が蚊帳の…

朝鮮は反日の為に漢字を廃止し、生命進化の飛躍を自ら捨て去えり、退化に向かい国滅ぼす。

朝鮮は反日の為に漢字を廃止し、生命進化の飛躍を自ら捨て去えり、退化に向かい国滅ぼす。 1910年、全世界を嘲笑の坩堝と化す珍事が起きた。日韓併合で有る。反日の元凶でも有る。当時の大日本帝国は大国清国を破り、列国露西亜帝国を破って世界の一等国…

韓国は漢字を廃止して、何を得て、何を失ったかの検証を行うべし(最終版)

韓国は漢字を廃止して、何を得て、何を失ったかの検証を行うべし(最終版) 普通未来に大きな影響を及ぼす法律は、何年か後に国会で見直すとする、一文を沿えるのが普通。日本の消費税も見直しの一文で逆に増税されて仕舞った。韓国も数年後に韓国は漢字を廃…

韓国は漢字を廃止して、何を得て、何を失ったかの検証を行うべし

韓国は漢字を廃止して、何を得て、何を失ったかの検証を行うべし 普通未来に大きな影響を及ぼす法律は、何年か後に国会で見直すとする、一文を沿えるのが普通。日本の消費税も見直しの一文で増税されて仕舞った。 進駐軍のGHQは同じ敵国人でも、白人の国…

小泉進次郎狂妄大臣の環境破壊計画

小泉進次郎狂妄大臣の環境破壊計画 (猛暑日で夕闇待たるる蝉時雨) 認知症は日本語として間違い、症の前には病状や症状が来無いと行け無い。痴呆症の痴呆は病状なので日本語としては正しい。狂犬病も可笑しな病名で有る。犬丈が感染するなら狂犬病でも好い…

東洋史の三大謎

東洋史の三大謎 東京オリンピックが開催された。武漢新型冠状病毒肺炎(COVIDー19)のワクチン接種が進んで居るのに、第5波の感染拡大が進んで居る。予想通りに韓国の選手の嫌がらせが始まった。 反日の元凶は1910の日韓併合に至。100年も前…

今、トルコが注目

今、トルコが注目 武漢新型冠状病毒肺炎(COVIDー19)が蔓延し、世界は玄関で靴を脱ぐ風習に注目。朝鮮には残って居るが、中国は西洋と同じ土足文化圏で有る。トルコのテレビドラマで、靴脱ぎの風習に出会うとトルコの女優迄日本人に見えて仕舞う。 …

おシビリ女房の深情け

おシビリ女房の深情け 東京オリンピックが始まった。無観客で行うらしい。テレビ中継は行われる。学校は夏休みに入る。自宅で観戦出来るので問題は無いが、チケット代900憶円を誰が補填するかで有る。武漢新型冠状病毒肺炎(COVIDー19)の第五派が…

猫も嫌がる尻尾掴み

猫も嫌がる尻尾掴み 猫は後ろ首を掴むのが普通で有るが、猫は尻尾を掴まれるのを嫌う。 最近、インターネット状に朝鮮の日程時代の古物の写真が全世界に公開されて居る。李氏朝鮮時代の庶民の写真や戦後GHQが撮影した、写真や動画も配信されて居る。学校で学…

認知症の認知は病状に有らず

認知症の認知は病状に有らず 痴呆症の痴呆は病状や症状で正しい日本語。狂犬病も可笑しな病名、犬が発症するは問題無いが、人に狂犬病は可笑しい。恐水病の別名も有る。喉が渇くが、喉が麻痺して水が飲め無い、無理に飲むと死ぬ程の苦しみを味わう、其の為水…

悠久の今

悠久の今 此の世は今しか存在しない、昨日はもう無い、明日は未だ出来て居無い。昔、或る実験をした人が居た。二台の原子時計を正確に校正し。一台を飛行機にのせ、世界一周の旅に出た。地球を一周して、二台の原子時計を比べたら、飛行機に乗せた原子時計が…

認知症、味噌と糞の区別が付かず

認知症、味噌と糞の区別が付かず 認知症の言葉は可笑しい、症の前には、病状や症状が来無いといけ無い。認知は病状や症状では無い。痴呆症の痴呆は病状や症状で痴呆症は日本語としては正しい。狂犬病も不可解な病名で有る。犬が罹るならそれで良いが、人に狂…

天空の奇跡

天空の奇跡 人が居無く成ると、犬や猫が野性化し、鶏も野性化し、天空を舞う。三宅島の火山が噴火した時、住民が避難して仕舞った、無人島で起きた事実。 人類が絶滅させた種が余りに多い。揚子江に居た河海豚も三峡ダムが出来て絶滅して仕舞った。東北地方…

飼い猫の門出嫌い         

飼い猫の門出嫌い 飼い猫もヒトを信じて居無いのに、日本人は簡単に小泉進次郎環境大臣を信じて仕舞うのか。今、人類家畜化の為の愚民政策が世界で行われて居る。環境の為、エコの為、地球温暖化防止の為、海洋塵削減の為と言うと、誰も反対しない愚民政策で…